Bahar
西荻窪にあるペルシャジュータン屋さんに高校からのお友達が働いているので遊びに行ってきました。
Bahar(バハール)とはペルシャ語で「春」という意味だそうです。

もうそこまで「春」が来てますね。
e0108604_1127225.jpg
e0108604_11272083.jpg

# by windsong_y | 2007-03-03 11:28 | Comments(0)
Mind Moving
あらあら不思議。
一つの葉でも、寒くても、なんの社会的変化も無いのに
心の微妙な変化なのか、葉の動きなのか  ちょっとわからないけど
レンズを通した葉はこんなに表情を変えてくれるのですよね。
e0108604_22255793.jpg

# by windsong_y | 2007-03-02 22:26 | Comments(0)
natureの姿パート4 〜Keep〜
強い風の吹く中で、まるで梅の花を守っているような裸木です。
その名を「Keep」くん。

悠々とそして堂々と揺るがずに立ち、その幹を安心の宿としている葉を許す大木もありました。
その名を「dignity majestically」さん。

e0108604_15592182.jpg
e0108604_15593582.jpg

# by windsong_y | 2007-03-01 16:00 | Comments(0)
PASION
「レクサス荻窪」でのミニコンサート。
ギター2本とカホーンのトリオの組み合わせで行われた。
熱いスパニッシュギターとまるで鳥小屋のような、はたまた椅子のような打楽器「カホーン」の組み合わせは、行ったこともないスペインの情景を運んでくれた。

ラテンを運ぶグループ  「PASION」(パシオン)
Mitsuo UMEDA (guitar)
Genta UEKI (guitar)
Reimi SEKIDO (cojan…カホーン)
e0108604_10453058.jpg

# by windsong_y | 2007-02-18 15:23 | Comments(0)
natureの姿 パート3
ちょっと仕事の合間に手を休め、目に入ってきたものはこんな風景だった。

「緑の葉がふさふさの木と裸木の語らい」や「果実をつけた樹木の葉から突き抜ける光」。
e0108604_2054831.jpg
e0108604_2062144.jpg

# by windsong_y | 2007-02-16 19:21 | Comments(0)
写真の整理をしていたら
こんな写真があった。
楽しいセッションの一幕。
e0108604_21523366.jpg

# by windsong_y | 2007-02-14 21:53 | Comments(0)
Bahar
写真の整理をしていたら少し前に通い慣れたジュータン屋さんでの写真が出てきました。
モスクを思わせるシルク糸の織りの細かいジュータンが好きで、自分でも小さなジュータン織り機を手作りして、ジュータンを織ったことがありました。大変だった〜。
今はMy carの座席に二つ、遊牧民の必需品「Gabbeh(ギャッベ)を乗せています。

ちなみにGabbeh(ギャッベ)は ペルシャ語で「粗い」という意味です。
古代の昔からイラン西部のザグロス山脈から南部ファース州の高原にかけて、遊牧民によって織り続けられている「毛足の長い絨毯」を指します。(「バハール」HPより)

通い慣れたジュータン屋さん
Bahar(バハール)  東京都杉並区西荻北4-10-2
http://www.bahar.jp/
e0108604_181207.jpg
e0108604_18123223.jpg

# by windsong_y | 2007-02-11 18:13 | Comments(0)
TUBOライブ
1/26(fri) MALO Live   Live Bar TUBOにて(世田谷区南烏山6-8-7楽多ビル2F)

千歳烏山にある「Live Bar TUBO」に久しぶりにお邪魔した。
MALOのライブも久しぶり。お店に着いたのが9時を回っていて第二部に突入していた。

後明さんのヴィオリンは迫力があって、しかもしっとりとしていて、聞いていると涙があふれそうになることがある。

この日のメンバー
後明美佳(vln) http://www.mika-g.com/index.html
徳永声一 (Gt)
岩切秀麿 (Bs)
上村計一郎(Dr) http://www.kit.hi-ho.ne.jp/uemura-k/
e0108604_15125743.jpg
e0108604_15131614.jpg

# by windsong_y | 2007-01-28 15:10 | Comments(0)
natureの姿 パート2
晴天の日

こんな真冬でもこんなに赤い葉をつけた枝があった。

対照的に裸木の美しさも目に焼きつく。
e0108604_22394922.jpg

# by windsong_y | 2007-01-25 22:31 | Comments(0)
猪口菜ライブ
1/22(mon) MIWAKO & SUMI☆AYAKO & TSUZUKI KURIBAYASHI Live

国立・猪口菜に初登場のスミ☆アヤコさん。細い小さな体から湧き出てくる彼女の声量は、心の中からお腹の中まで暖かくしてくれる (ホッカホカッ)
NY帰りの栗林緒さん、滑らかな指使いからこぼれてくるギターの音はますます冴え渡る。
いつも魅了されるMIWAKOさんのサックス、もうもうただただ脱帽。

Player
MIWAKO (sax・flute)
SUMI☆AYAKO (vocal)
栗林緒 (guitar)
e0108604_2334071.jpg
e0108604_23341924.jpg
e0108604_23344513.jpg

# by windsong_y | 2007-01-23 23:35 | Comments(0)




アクセス解析