A local legend
「八ヶ岳と富士山」 (諏訪のでんせつより)

ずっと、ずっと大昔のお話です。
八ヶ岳が浅間山のように、もうもうとけむりを、吐き出していたころのことです。
そのころは、富士山もやはり、もともとけむりをはいていました。
富士山は、女の神様ですが、たいそういばることが好きでした。
いつもまわりの山々にむかっては、
「見たところ、わたしが日本一高い山のようですね。……雨でも、雪でも自由に降らすことができますよ、えへん。」
と、高い鼻を、ツーンとさせて、得意になって自慢していました。

ある日のことです。いつものように雲の上から、
「えへん。わたし、日本一高いですよ。」
と、いい気分になって、言いふらしていました。
すると、突然遠くから、
「日本で一番高いのは、このわしじゃ。」
と、ごぶとい声が飛んできました。
--まあ、しつれいな。いったい誰でしょう。--富士山はその声がする、北の彼方を見すかしました。
それは雲の上へちょこんと頭をだしている八ヶ岳の神さまでした。
「まあ、八ヶ岳の神さま、何をおっしゃるの。わたしが日本一高い山に決まっているじゃありませんか。」
富士山は、ぐっと背伸びして言いました。
「いやいや、とんでない、わしが日本で一番高い山だ。」
八ヶ岳も負けずに肩を怒らせて言い返しました。
「いいえ、わたしです。」
「いや、わしじゃ。」
富士山と八ヶ岳は、お互いに自分の方が高いんだと言い合って一歩も引きません。顔を真っ赤して、ぐっとにらみ合ったままです。
こんなことが、五年も十年も続きました。

このようすをごらんになった阿弥陀如来さまは、
「神さま同士が争いをするなんて、ほんとうに困ったものだ。」
と、顔をしかめました。
なにか、いい知恵はないものかと、幾日も考えました。
--ああそうだ、これはよいぞ。--
阿弥陀如来さまは、ポンと手を打ちました。
それは、富士山から八ヶ岳まで、長いトイをかけて水を流すのです。水は正直ですから少しでも低い方へ流れます。そっちの山の方が低いことに決まります。
さっそく阿弥陀如来さまは、トイを作り始めました。長いトイですから何日もかかって、やっとのことで仕上げました。
トイは富士山のてっぺんから、遥か彼方の八ヶ岳の天峰までかけられました。まるで一本の橋のようです。

さあ、いよいよ水を流す番です。富士山と八ヶ岳の神さまは、じーっと見守りました。
阿弥陀如来さまは、トイの真ん中から静かに水を落としました。
さぁて、水はどっちへ流れるでしょうか。……

あっ! 富士山が低いことが、はっきりしました。
さあ、大変です。富士山は黙っていません.。
「そんなことがあるもんです……。」
髪を振り乱し、カンカンに怒りました。
富士山は、女の神さまですが、負けず嫌いでした。
「ああ、くやしい !。」
いきなり、ありったけの力で、八ヶ岳を蹴飛ばしました。
ガァーン !
天も地も壊れてしまったかと思われるほどの、ものすごい音がしました。
さあ、それから後、えらいことになってしまったのです。
ザァ、ザァ、ザァ、ザァ。ガラ、ガラ、ガラ、ガラ。
八ヶ岳が頂上から崩れ落ちました。何日も続いてやっと止りました。
そのために八ヶ岳は八つに裂けて、富士山よりも低くなりました。

お話 茅野市矢ヶ先 竹村うらさん
「諏訪の伝説」 竹村良信著
e0108604_930585.jpg

by windsong_y | 2008-02-15 09:06 | 風景 | Comments(14)
Commented by Capucci-mm at 2008-02-15 09:07
へぇ~~!!そんな昔話があったんだ!?
それにしてもこの構図、爽やかさは抜群ですよ、ぽち!!(^^)/
Commented by windsong_y at 2008-02-15 16:12
カプチさん
そう、これは諏訪の伝説で、小さなころよく読んだんです〜。
この富士山は山梨と長野の境くらいから見た富士山で〜す。関東晴れなんですよ〜、最近は。
Commented by narugami_626 at 2008-02-15 20:55
こんばんは^^

そういう伝説があったんですねー♪
知らなかったことを知ることが出来るというのは、
ホント幸せ~~です^^

澄んだ青空に、富士の輝き、素晴らしいです♪ ぽちっ
Commented by mugnum-yoda at 2008-02-15 23:33
南佐久にルーツをもつモノとして
為になりました〜
Commented by dicyan at 2008-02-16 00:27 x
おぉぉぉ!!!すっげー綺麗です!!
伝説話と写真は楽しいですねー
しかしこの青い空とても気分がいいですねー
たまらないです(´艸`o)ウワァー
空フェチな私はモエー(*´Д`)
もちろんポチです!
Commented by tachan-t at 2008-02-16 12:49
実はあまり長い文章はとばして・・・写真だけっ! というのが正直なわたし。
でも,読んでしまいました。
その後にみた写真の富士山は女性の神に見えました。
Commented by windsong_y at 2008-02-16 13:06
narugamiさん
「諏訪の伝説」って本があってね、何だかそういうの読むの好きだったのよね〜。昔から言い伝えられてきたお話を聞き集めた本らしいんだけど今でも大切に手元にあるんですよ〜〜
Commented by windsong_y at 2008-02-16 13:07
Yodaさん
そうなんだ〜、南佐久にご親戚の方がいらっしゃるのね。私も佐久には親戚がたくさんいます〜私も佐久がルーツです(*^.^*)エヘッ
Commented by windsong_y at 2008-02-16 13:08
dicyan さん
伝説と写真って初めてやってみたけどなかなか面白かったぁ。またチャレンジしたいです。自分の文章では伝えきれなくて、いろんなこと。
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪、実は私も空フェチ♪
Commented by windsong_y at 2008-02-16 13:12
ゴリラさん
そうでしょ〜、私も長い文章よりもつい画像の方に目がいってしまうことが多いんですが、伝説とか言い伝えられてきたものとかに触れるとぐっと読みいってしまいます。
富士山はやっぱり女性の神様かしら。それだけ富士山ってやっぱり綺麗ですもの。富士山が見えた日は幸せって思ってしまいます、今でも。
Commented by pretty-bacchus at 2008-02-20 22:10
伝説の富士と、その勇姿にみほれています。

Commented by windsong_y at 2008-02-21 10:33
pretty-bacchusさん
ありがとうございます。昔の方はたくさんの想像力で自然の雄大さを語っていたと思うととっても楽しくなります。私は今でもそんなお話が好き☆
Commented by kuma-boo at 2009-01-19 12:57 x
そんなお話があったのですね。
女神の怒りに触れて何度も八つ裂きになっている私とシンクロしてしまいました。
八ヶ岳のkuma.
Commented by windsong_y at 2009-01-19 20:06
kumaさん
伝説って楽しいですよね、大好きなんですよ。

それにしても、あらまぁ、八つ裂きになってるんですか〜、そりゃぁ、大変だ〜〜≧(´▽`)≦アハハハ
やはり女神強しですね ^^


<< A good old memory back >>


アクセス解析