濃いも薄いも数ある中に
赤と緑と真反対の色が並んでいる
心の片隅の昔の昔のその昔の自分の物語を
懐かしく愛おしく脳裏を過ぎる

小さな頃に聴いた曲を
小さな唇で歌った唄を
とても頼もしく心中に据えた


〜昔からの付き合いだから、心全てを打ち明けられる友だから、全てを知ってたつもりていた親友のその昔

私は合奏団で木琴を奏でていたその頃
彼女は小学校の合唱グループに入っていたことを
この今になって知った

彼女と山道を登り、呼吸の荒さも足腰の痛みも互いに感じながら同じ時を今になってまた過ごすと
いろんな昔の話がポツリポツリ、澄んだ空気の中に溶け出していく

すてきな時間〜





人気ブログランキングに参加しています。いつもポチッとありがとうございます~♪

e0108604_18410297.jpg


by windsong_y | 2017-11-10 18:35 | 植物 | Comments(0)


<< すぽっとらいと 秋高馬肥 >>


アクセス解析