風合い
いろんなことを抱えていることを投げ出したくもなり

そして抱えているそれぞれを切なくも愛おしくもなり

昔の懐かしき香りや味覚を笑いながら思い出したくもなり

そんな風の日常

昔の人たちもきっと感じて生きていた

きっとそんな風合いはありがたいことなのね
って思う今日の覚書

by windsong_y | 2017-07-24 22:00 | 植物 | Comments(0)


<< 弱くない そしてstation >>


アクセス解析