三味と唄
いろいろなことに踏ん張りながら
人を守っているつもりでいたのに
いつの間にか自分を守っている

そんなことに気づいて一日が終わる
一日すべてあることに感謝を述べても
それが通じなかったことの虚しさはせつない


「月ヲ見ル 君ヲ想フ」(https://www.youtube.com/watch?v=lcc_0toNglg)
一日のことの流れを
三味と唄声に身を任せた




e0108604_23332527.jpg

by windsong_y | 2017-07-20 23:34 | Comments(0)


<< 夕空晴れて、また晴れて その先 >>


アクセス解析